ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

自分や子どもが入るお墓、ありますか?

お墓の購入

お墓の購入

ひと昔前まで、お墓といえば墓地にあり長男家族が継承していくもの、という認識でしたが、近年ではお墓のあり方に大きな変化が生まれています。ここでは、さまざまなお墓の形態や、お墓にかかる費用などを詳しくご紹介します。

お墓の形態

お墓も従来型の墓地霊園にあるものから、施設内の収納スペースのコンパクトなもの、自然に還るものなどがあります。

墓地霊園

従来型の地上の土地を区分したスペースで、墓石を建て骨壺を納骨したものです。永代使用型が通常です。年間管理費がかかるのが通常ですが一括前払方式もあります。

納骨堂

寺院、教会などの宗教施設内の屋内・地下などにある、個別に区切られたスペースを使用し骨壺を納骨したものです。ロッカー式、仏壇式、自動搬送式などがあります。

ロッカー式

ロッカー下部に納骨スペースがあり、コンパクトなため料金は安くなります。

仏壇式

仏壇の下に納骨場所があります。位牌などを前にしてお参りでき、家族用の納骨室が中心です。

自動搬送式

お参りできるスペースが設けてあり、機械が骨壺を運んできて遺骨の前でお参りすることができます。永代使用型が通常ですが期間契約型もあります。

合葬・合祀墓

合葬は「合わせて埋葬する」という意味で、合祀(ごうし)は「合わせて祀る(まつる)」という意味です。骨壺から焼骨を取り出し、ほかの人の遺骨と一緒に地面に埋葬されます。無縁墓もこの形態になります。これに準ずる形態になりますが骨壺に入れたまま、合同スペースに集合して収納されている場合もあります。年間管理費はかかりません。

墓地・霊園や納骨堂に入っていても承継者がいなくなった場合は合葬・合祀されるのが通常です。合葬されるまでの期間は墓地・霊園により異なりますので契約時に確認してください。寺院の場合33回忌の数字から33年間をメドにしている場合があります。短い場合は3年程度管理費が払われないと合葬される場合もあります。

樹木葬

墓地の中に植栽された樹木スペ-スや、自然林の樹木の下に遺骨を粉末状にして地面に埋葬する方法です。ほかの人の遺骨と一緒に合葬される形が基本ですが、地面を区切り合葬されない形で墓碑をつくる方式もあります。原則として年間管理費は不要です。
東京都の公営霊園で樹木葬があるのは小平霊園など6カ所です。東京都では「樹林墓地」と「樹木墓地」という名称を使用し、「樹林墓地」とは樹林型合葬埋蔵施設で共同埋葬方式、「樹木墓地」とは樹木型合葬埋蔵施設で個別埋葬方式です。

海洋散骨

船をチャーターし、海に遺骨を粉末状にして撒くものです。海は漁業者の漁場などや陸上から見える場所などを避けて行われます。

墓地・霊園の経営主体

墓地・霊園を運営する主体により寺院墓地、公営墓地、民営墓地の3つに分かれます。民営墓地には、キリスト教墓地、神道墓地、新興宗教墓地など宗教宗派単位の墓地も含まれます。

寺院墓地

伝統仏教のお寺が運営・管理する墓地です。基本的にはそれぞれの宗教宗派による制限があります。永代使用料、墓石代、管理費以外に、檀家になることが前提のため入檀料、護持会費、お盆の法要代などが必要になる場合があります。また、檀信徒加入契約などがあるところも。石材店が指定されている場合があります。

公営墓地

地方自治体が運営・管理する霊園です。実際の管理は財団法人などに委託していることもあります。永代使用料、墓石代、管理費以外には費用がかからず管理費が安い点があげられます。宗教宗派は不問です。公募のうえ、応募者が多ければ抽選で決定されます。倍率は高い現状です。申し込み資格に地方自治体の住民としての在住歴が必要な場合があります。

民営霊園

宗教法人、公益法人が運営する霊園で、永代使用料、墓石代、管理費以外には費用がかかりません。宗教宗派は不問が通常です。石材店が指定されている場合があります。

お墓を建てる費用の内訳

新規にお墓を建てるためにかかる費用は次の3つから構成されています。
なお、タイトルに「お墓の購入」と書きましたが、墓地霊園の土地を購入するのではなく、永代使用権という「永代にわたり墓地を使用する権利」を購入するもので、所有権の伴うものではありません。

永代使用料

墓地・霊園の墓地の場所代として、基本的に子孫などの継承者がいる限り無期限で使用できるものです。他人に譲ったり転売することはできません。継承者がいなくなり管理費が払われなくなると無縁墓となり使用できなくなります。
ちなみに、永代供養は、遺族に代わって墓地・霊園が故人のことを永年供養してくれる形態のことです。

墓石代

墓石は石材店によりつくられ維持管理されます。墓石代の内容は、基本的な石材一式費と、石材加工費(家名、個人名・戒名、建立者などの基本彫刻料など)、工事費です。

管理費

お墓の基本的な維持管理に必要な費用です。共有スペースの維持費なども含まれます。また清掃代やお花代、宗教により祈祷代が加算される場合もあります。管理料が払われなくなると、事前に告知や継承者不明であればお墓に文書貼り出しが行われ、一定期間後お墓の使用権が取り消されます。

お墓の費用の目安

墓地・霊園永代使用料

面積が1平方メートル程度の区画の場合、10万~150万円程度ですが、土地代を反映するため東京23区では(面積によりますが)100万~200万円 程度まで上がります。

墓地・霊園墓石料

墓石の規模、石材の種類、彫刻の字数などにより異なります。全国平均で120万~175万円ほどです。彫刻料は字数により異なりますが、新しくお墓を建てる場合は10万円以上、墓誌への彫刻は3万~5万円程度です。

上記の永代使用料と墓石代を含めた合計額の標準は200万円台です。都市部など立地がよいほど値段が高く、有名寺院は格式から値段が高くなります。当然ですが面積の大きな墓地も高くなります。

墓地・霊園管理費

年間公営の安いところであれば2,000円程度からです。寺院・民間霊園では1~2万円台でしょう。

納骨堂

スペースの小さい都市部の寺院などで多くあり、また不動産業者が寺院と提携する形で実質的に寺院の新事業として行っている場合もあります。価格は1基(1人分)30万~90万円程度で、平均50万円です。複数人が入れる家族方式になると価格もアップし100万円以上となります。

合葬・合祀墓

10万円~です。合葬・合祀墓は墓地の運営者によって管理されます。宗教宗派によっては信徒による祈りがあり安心されている場合があります。また独身女性専用墓もあり同様の環境の後輩女性によって祈りがあると考えられます。

樹木葬

5万~80万円程度で標準は20万円台です。人気の場所では倍率が高い場合もあります。

海洋散骨

約20万~30万円。船をチャーターするため、その費用がかかります。

最後に

最近では、子どもに負担をかけたくないという考え方から、簡易かつ安価なお墓(形態)を選ぶ人が増えてきているようです。これからお墓を建てることを考えている方は、ぜひこの記事を参考に、家族と話し合ってみてください。