ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " お墓 " に関する記事

葬儀を執り行い、四十九日が過ぎた後に故人様の遺骨はお墓へと納められます。お墓へ遺骨を納める際には、僧侶にお願いをして納骨の儀を執り行う必要があります。お墓は代々引き継がれている場合もありますし、新しくお墓を立てることもあります。ただ必ずしもお墓を立てる必要はなく、中には遺骨をお寺の納骨堂に納めることもあったり散骨をして海へ流し供養するという方法もあります。ただお墓を立てることで、遺族全員が同じお墓内で安らかに眠れるのがメリットです。