ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " 家族葬 " に関する記事

葬儀の形として一般葬が主流ですが、中には家族葬という形があります。今までにお世話になった人を呼んだりご近所の人を呼んだりするのが一般的な葬儀でしたが、家族葬は家族や親族、親戚などを呼び、身内だけで葬儀を行っていきます。たくさんの人を呼び様々な人にお礼を言ったり、香典返しを用意したりと様々な手間がかかってしまいますが、家族葬なら家族や親族だけの葬儀となって気が楽になるというメリットがあります。最後の時間を家族だけで過ごせるとあって、ゆっくりとしたお別れをしたい人が利用する葬儀の新しい形と言えます。

未登録

葬儀の種類は多種多様!あなたに合う葬儀スタイルは!?

2019年4月25日

葬祭業界歴約20年、葬祭ディレクターの小川竜雲です。一般葬、家族葬、一日葬、火葬式、樹木葬など葬儀には色々な種類があります。核家族化や少子高齢化など家族構造の変化や、情報を入手するためのツールの進化・充実、価値観の多様化などの影響を受けて、葬儀もさまざまなスタイルが見られるようになりました。選択肢が増えるのはよいことですが、それゆえに、ときにはどのようなお葬...

未登録

家族葬、1日葬、無宗教葬、直葬葬儀を安く抑えるには?

2019年4月7日

平均で200万円程度かかるといわれる高額な葬儀費用。急に亡くなり相見積もりを取らずに1社に任せた場合、どうしても葬儀社の言いなりに高ランクでの設定やオプションを加えてしまいがちです。葬儀代を少しでも安く抑えるためにはどうしたらいいでしょうか。葬儀費用の構成から考え、安くなる方法について検討してみましょう。なおここでいう葬儀とは、一般的な仏教式であれば通夜、葬...

未登録

故人も遺族も満足できるお葬式に葬式費用を安く抑える6つのポイント

2019年4月7日

葬儀は予算関係なく派手にした方がよいと考えるかたも、費用はなるべく抑えておきたいと考えるかたもいらっしゃいます。葬儀は日常的なものではないため、葬儀社からいわれるがままに決めてしまい、最終的に予想以上に高くなってしまった…というのはよくあるケースです。そこで今回は、葬式費用を安く抑える6つのポイントをご紹介します。

未登録

いつか来る「そのとき」のために喪主になったとき最初に確認する5つのこと

2019年4月4日

他人のお葬式に参列することはあっても、身内のお葬式は限られた経験となります。お通夜やお葬式はいつ行うものなのでしょうか。それは、誰がどのように決めるのでしょう?身内を亡くして動揺しているところに、やらなければいけない手続きや準備は山のようにあります。そのときのために、お通夜・お葬式をする前に確認すべき5つのポイントを把握しておきましょう。