ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " 喪服 " に関する記事

葬儀に着ていく服装として、喪服が日本では主流となっています。喪服とは「喪に服す」という意味で、悲しんでいるところに寄り添っていくという意味です。よく似た服装で礼服がありますが、主な違いとしては礼服には冠婚葬祭で着る正装のことを表します。逆に喪服は葬儀や法事の時に着る服装になってきます。礼服でも葬儀の際に着用することができますが、喪服は葬儀にしか使うことができません。また喪服の中には格式があり、「正喪服」「準喪服」「略喪服」などがあり状況によって着る服を変えていく必要もあります。

未登録

服装・挨拶・会食など…葬儀の喪主を務める際のマナーを分かりやすく解説!

2019年4月7日

ごく親しい身内を亡くすことは、そうあることではありません。しかし、「そのとき」が来たとき、大切な家族を亡くしたばかりでも、喪主として葬儀を執り行わなければなりません。「どうやって葬儀の準備をするの?」「挨拶や服装のマナーが分からない」、そんなかたへ向けて本記事では喪主を務める際のマナーについてご紹介します。