ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " 通夜 " に関する記事

人が亡くなった時に葬儀を執り行っていきますが、葬儀は二日間に分けて執り行います。最初の一日目が通夜と言い、夜に儀式を行うのが一般的となっています。通夜式を行うことで昼だと仕事で参列できないという人も、仕事終わりに参列できるというメリットがあるのです。また亡くなった人を葬る前に遺体を守って一夜を過ごすという意味も含まれており、通夜式が終わると遺族や親族のみで一夜を過ごします。さらに夜通し明かりを消さずに見守るという儀式でもあります。

未登録

葬祭ディレクターが教える葬儀費用を削減するために知っておきたい7つのポイント

2019年4月25日

葬祭業界歴約20年、葬祭ディレクターの小川竜雲です。読んでいるみなさんを、自分の身内や友人だと思って、 葬儀のプロとして“本当のところ”をお伝えします。葬儀を行うにはお金がかかりますが、遺された家族にはその後の生活があります。故人の尊厳を守りつつ、参列者に対して失礼のないよう配慮しながらも、ムダのない葬儀を行いたいと希望されるかたが多数だと思います。今回は、...

未登録

そのお焼香の方法は合っていますか?知っておきたいお焼香の意味や方法

2019年4月25日

葬祭業界歴約20年、葬祭ディレクターの小川竜雲です。不慣れな葬儀への参列で、少し緊張しながら自分のお焼香の順番を待つ…多くのかたが経験されたことがあるのではないでしょうか。お焼香は仏教、葬儀においてとても重要な意味合いがあります。そこで今回は、お焼香の意味や方法についてご紹介します。

未登録

予算、準備する量やメニューなどを詳しく解説!通夜振る舞いのマナーとは?遺族側が気をつけるポイントを紹介!

2019年4月7日

家族が亡くなってからお通夜までは、ほとんど時間がありません。 しかし、お通夜までに用意しなくてはならないことは案外多いものです。今回は通夜が終わった後に行う通夜振る舞いの意味や、料理の選び方、準備する際に気をつけるポイントなどをご紹介します。